-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年度第79回アカデミー賞ノミネーション発表!
2007年 01月 24日 (水) 00:15 | 編集
アカデミー賞のノミネーションが発表。
この時点でノミネートされた作品を殆んど未見なので個人的な予想は不可能に近いわけですが、作品賞「バベル」、監督賞「ディパーテッド」で落ち着くんじゃないかと勝手に推測中ですw
ま、「バベル」が好みっぽいので是非行って欲しいんですねぇ。スコセッシ&ディカプリオコンビがまた落選なんてことになるのは気の毒だけど、作品賞はむしろ硫黄島の方がひょっとするとひょっとしちゃうかもだし。

因みに作品賞にノミネートされた5作品についてのアメリカのメディア各紙の評点平均から見ると、「バベル」低!(爆
 「バベル」:Babel 69点
 「ディパーテッド」:Departed, The 85点
 「硫黄島からの手紙」:Letters from Iwo Jima 89点
 「リトル・ミス・サンシャイン」:Little Miss Sunshine 80点
 「クィーン」:Queen, The 91点

詳細はmetacritic.comを参照のこと。ま、これとオスカーはまた違いますが、リンク先から批評まで読めるものもあるので各紙の論調がちょっと解ってなかなか面白いです。

(以下はall cinema onlineより)
最多ノミニー数は「ドリームガールズ」の8(5部門)、以下「バベル」が6部門7候補、「クィーン」と「パンズ・ラビリンス(原題)」が6候補で続いた。また、「バベル」に出演した菊地凛子はみごと助演女優賞にノミネートされる快挙を果たした。授賞式は2月25日(日本時間26日午前)に行われる。主な部門のノミネーションは以下の通り。

【作品賞】
 「バベル」
 「ディパーテッド」
 「硫黄島からの手紙
 「リトル・ミス・サンシャイン」
 「クィーン」

【監督賞】
 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 「バベル」
 マーティン・スコセッシ 「ディパーテッド」
 クリント・イーストウッド 「硫黄島からの手紙
 スティーヴン・フリアーズ 「クィーン」
 ポール・グリーングラス 「ユナイテッド93

【主演女優賞】
 ペネロペ・クルス 「ボルベール <帰郷>」
 ジュディ・デンチ 「Notes On A Scandal」
 ヘレン・ミレン 「クィーン」
 メリル・ストリープ 「プラダを着た悪魔」
 ケイト・ウィンスレット 「リトル・チルドレン(原題)」

【主演男優賞】
 レオナルド・ディカプリオ 「ブラッド・ダイヤモンド」
 ライアン・ゴズリング 「Half Nelson」
 ピーター・オトゥール 「Venus」
 ウィル・スミス 「幸せのちから」
 フォレスト・ウィッテカー 「ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド(原題)」

【助演女優賞】
 アドリアナ・バラザ 「バベル」
 ケイト・ブランシェット 「Notes on a Scandal」
 アビゲイル・ブレスリン 「リトル・ミス・サンシャイン」
 ジェニファー・ハドソン 「ドリームガールズ」
 菊地凛子 「バベル」

【助演男優賞】
 アラン・アーキン 「リトル・ミス・サンシャイン」
 ジャッキー・アール・ヘイリー 「リトル・チルドレン(原題)」
 ジャイモン・フンスー 「ブラッド・ダイヤモンド」
 エディ・マーフィ 「ドリームガールズ」
 マーク・ウォールバーグ 「ディパーテッド」

【オリジナル脚本賞】
 「バベル」
 「硫黄島からの手紙
 「リトル・ミス・サンシャイン」
 「パンズ・ラビリンス(原題)」
 「クィーン」

【脚色賞】
 「Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan」
 「トゥモロー・ワールド」
 「ディパーテッド」
 「リトル・チルドレン(原題)」
 「Notes on a Scandal」

【撮影賞】
 「ブラック・ダリア」
 「トゥモロー・ワールド」
 「The Illusionist」
 「パンズ・ラビリンス(原題)」
 「ザ・プレステージ(原題)」

【編集賞】
 「バベル」
 「ブラッド・ダイヤモンド」
 「トゥモロー・ワールド」
 「ディパーテッド」
 「ユナイテッド93

【美術賞】
 「ドリームガールズ」
 「The Good Shepherd」
 「パンズ・ラビリンス(原題)」
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
 「ザ・プレステージ(原題)」

【衣裳デザイン賞】
 「Curse of the Golden Flower」
 「プラダを着た悪魔」
 「ドリームガールズ」
 「マリー・アントワネット」
 「クィーン」

【作曲賞】
 「バベル」
 「ザ・グッド・ジャーマン(原題)」
 「Notes on a Scandal」
 「パンズ・ラビリンス(原題)」
 「クィーン」

【歌曲賞】
 "I Need To Wake Up" 「不都合な真実」
 "Listen" 「ドリームガールズ」
 "Love You I Do" 「ドリームガールズ」
 "Our Town" 「カーズ」
 "Patience" 「ドリームガールズ」

【メイクアップ賞】
 「Apocalypto」
 「もしも昨日が選べたら」
 「パンズ・ラビリンス(原題)」

【録音賞】
 「Apocalypto」
 「ブラッド・ダイヤモンド」
 「ドリームガールズ」
 「父親たちの星条旗
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

【音響賞】
 「Apocalypto」
 「ブラッド・ダイヤモンド」
 「父親たちの星条旗
 「硫黄島からの手紙
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

【視覚効果賞】
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
 「ポセイドン」
 「スーパーマン リターンズ

【外国映画賞】
 「After the Wedding」(デンマーク) スザンネ・ビエール監督
 「Days of Glory」(アルジェリア) ラシッド・ブシャール監督
 「善き人のためのソナタ」(ドイツ) フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督
 「パンズ・ラビリンス(原題)」(メキシコ) ギレルモ・デル・トロ監督
 「Water」(カナダ) ディーパ・メータ監督

【長編ドキュメンタリー賞】
 「Deliver Us from Evil」
 「不都合な真実」
 「Iraq in Fragments」
 「Jesus Camp」
 「My Country My Country」

【長編アニメ賞】
 「カーズ」
 「ハッピー フィート」
 「モンスター・ハウス」

尚、詳細についてはOSCAR.comのノミネーションを参照されたい。


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ



■関連記事TB送信ブログ様(TB返し除き):(順不同敬称略)

copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。