-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「9 Songs ナイン・ソングス」
2006年 11月 07日 (火) 02:22 | 編集
9songs ナイン・ソングス

「9 Songs ナイン・ソングス」 ★★★

9 SONGS (2005年イギリス)
監督:マイケル・ウィンターボトム
脚本:マイケル・ウィンターボトム
キャスト:キーラン・オブライエン、 マルゴ・スティリー、プライマル・スクリーム、フランツ・フェルディナンド、マイケル・ナイマン、エルボー、ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、ザ・ダンディ・ウォーホルズ、スーパー・ファーリー・アニマルズ、ザ・ヴォン・ボンディーズ
  ⇒ 公式サイトへ
  ⇒ ブログランキングへ
  ⇒ 9songs@映画生活

そういえばSEXとLIVEの持つ高揚感はどこか似ている。同じ興奮を分かち合いその瞬間に生きている喜びが迸る、ただそれだけの爆発的なエモーション。

本作は男が別れた恋人の記憶を手繰り寄せていくというとてもシンプルでパーソナルな話、台詞や説明が少なくモロ出しのHシーンだらけという非常に実験的な要素が多い作品である。
物語は女の肌の感触や匂いといった生物的な記憶の断片から始まり、二人が情熱を傾けたライヴシーンと次第に貪欲になってエスカレートする愛情表現を時系列に交互に紐解くことによって、一つのラブストーリーの行方を紡いでいく。そしてこれ等の過去を収拾する現在は南極という広大なる極寒の地だ。

とにかくこのウィンターボトムという監督は映画に音楽を乗せて表現するのがとても上手い監督だと思う。「24アワー・パーティ・ピープル」では音楽そのものをモチーフの一つとして描き、マイケル・ナイマンと組んだ「ひかりのまち」やコールドプレイを使った「CODE46」にしても音楽の持つ力が十二分に引き出された作品という印象がある。
この「9 songs」の場合は、BGMとしてというよりは主人公が恋人と過ごした日々に参加した思い出のライヴという形で、まるで音楽もこの作品の主要キャストであるかのような位置づけになっているのが面白い。登場する9つの曲は、愛情の高まりから別れの沈静への過程で主人公の心をそのまま投影した追憶の欠片なのである。

この作品で最も見逃せないのがロンドンのライヴハウスで撮影されたというライブ映像とその9曲だ。プライマル・スクリーム、フランツ・フェルディナンド、スーパー・ファーリー・アニマルズ等、UKロックシーンを代表するバンドのライヴを次々に観る事が出来るのだから音楽好きには堪らない。しかもそれ等9つの曲の歌詞がちゃんと映画を物語る心憎い仕掛けになっている。唯一この映像をフルスクリーンで観る為にやっぱり劇場に足を運ぶべきだった、残念。
それからR-18を喰らったかなり過激な、あんなことやこんなことまでする本番SEXシーンも当然見所の一つ。どうやら海外版はぼかし無しらしいが、だからと言って作品全体がポルノ然としたイメージで覆われることはない。それはおそらくウィンターボトムの作家性が明確に現れていることに拠るだろう。即ち、主演二人がアドリブで作っていったというシーンをドキュメンタリー風にごく自然体で演出した監督の手法と軸のぶれないテーマ性、またいかにも普通の風貌や裸体の二人をキャスティングしていること等の点に窺うことができる。特にマルゴ・スティリーという女優の中性的な印象さえあるスレンダーな裸体は、現実感のある生々しい存在感とウィンターボトムらしいクールな官能美を体現するものだ。
監督は所謂映画のラブストーリーにおいてシンボル化されて決して描かれる事のないラブシーンを、本作では敢えて描くことを選んだという。個人的にはライヴという熱狂と高揚の対になるものをSEXとして描いた一つの試みは悪くないと思う。しかし当然そこまでスクリーンに映し出す必要があったかどうか、映画として客観的に考えれば必然性についての議論もまたあって然るべきだ。

孤独な南極の地で別れた恋人を思う男の心情が淡々としかし確かに観る者の胸に届く。大陸から離れた氷山がやがて溶けてしまうように、愛情も消えていったのか。
デジタルビデオを使って撮られたコンパクトで濃厚な69分は、野心作ではあるが哀切なラブストーリーのベースを外れるものではない。逆に69分という潔さが若干漂うプライベートビデオみたいな雰囲気には非常に良かったと思う。

「CODE46」からラブストーリーが2作続いたが、ウィンターボトム監督最新作はアメリカ政府による人権無視の象徴“グアンタナモ”の実態を描いた社会派作品「グアンタナモ、僕達が見た真実」である。2007年正月に日本でも公開を予定されているようで、個人的にはとても楽しみだ(⇒「グアンタナモ、僕達が見た真実」の情報をIMDbで見る、⇒公式サイトを見る)。
尚、「グアンタナモ~」は2006年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞している。

   ◆このブログのウィンターボトム作品感想LINK
     ・ CODE46 ★★★☆
     ・ 24アワー・パーティ・ピープル ★★★
     ・ イン・ディス・ワールド ★★★☆ 
     ・ ひかりのまち ★★★★
     ・ バタフライ・キス ★★★★

   ◆ライヴシーンの詳細をCheckする(音が聴けます)
   ◆9 Songs の曲目(Linkの貼ってあるものはフル試聴可)
     1 "Movin' On Up"(Live)
         Performed by Primal Scream
     2 "Whatever Happened To My Rock and Roll"(Live)
         Performed by Black Rebel Motorcycle Club
     3 "Fallen Angel"(Live)
         Performed by Elbow
     4 "Nadia"  
         Written and Performed by Michael Nyman
     5 "Slow Life"(Live)
         Performed by Super Furry Animals
     6 "The Last High"(Live)
         Performed by The Dandy Warhols
     7 "C'mon C'mon"(Live)
         Performed by The Von Bondies
     8 "Love Burns"(Live)
         Performed by Black Rebel Motorcycle Club
     9 "Jacqueline"(Live)
         Performed by Franz Ferdinand


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ



■関連記事TB送信ブログ様(TB返し除き):(順不同敬称略)

■プライマル・スクリーム(⇒レーベルサイト
XTRMNTRライオット・シティ・ブルース(日本来襲記念盤)Shoot Speed (More Dirty Hits)
XTRMNTRライオット・シティ・ブルースShoot Speed (More Dirty Hits)


■フランツ・フェルディナンド(⇒レーベルサイト
You Could Have It So Much Betterフランツ・フェルディナンドドゥ・ユー・ウォント・トゥ
You Could Have It So Much Betterフランツ・フェルディナンドドゥ・ユー・ウォント・トゥ


■スーパー・ファーリー・アニマルズ(⇒レーベルサイト
Love Kraftソングブック・ザ・シングルスVOL.1ファントム・パワー
Love Kraftソングブック・ザ・シングルスVOL.1ファントム・パワー
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。