-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ナインスゲート」
2005年 08月 24日 (水) 14:48 | 編集
ナインスゲート デラックス版 ナインスゲート デラックス版

「ナインスゲート」 ★★☆

THE NINTH GATE(1999年フランス・スペイン)
監督:ロマン・ポランスキー
キャスト:ジョニー・デップ、フランク・ランジェラ、レナ・オリン、エマニュエル・セニエ、バーバラ・ジェフォード
作品詳細

エンディングが近づくにつれどんどんショボくなる展開があまりにも切ない、期待を根こそぎ裏切られること覚悟でどうぞw。

これで終わりかよ・・・と絶句するタイプの典型的尻すぼみ作品。
どうせなら「悪魔の書」にまつわるエピソードを掘り下げて、オカルトサスペンスホラーらしく「恐怖」「不安」「疑惑」その辺をしっかり描いてくれればいいものを、とにかく展開がフラットいつまでもフラット、クライマックスらしいクライマックスがないまま単調にエンディングを迎えてしまう。

勿論題材的には滅茶苦茶面白い作品だと思うのだ。ナインスゲートの真贋を追う前半部分などはなかなか緊張感もあるしその謎解きに結構期待してしまったことも事実なのだから。
同じ悪魔モノの「エンゼルハート」のようなオチを期待して観るとあまりにも中途半端で愕然とするが、ジョニデのファンなら観ておいても損はないだろう。
とにかくオカルトの傑作になったかもしれないのにと思わせる非常に残念な作品ではある。ポランスキー監督には「ローズマリーの赤ちゃん」という傑作があるだけに余計に期待したのもいけなかったかもしれないw

とか言いながら何気にこの作品そんなに嫌いじゃなかったりするわけですよ、ダメな子ほど可愛いって奴?
で、あの女の正体は○○でいいのかね、それ以外ないもんな。しかし何と言う手抜きな感想(゚Д゚;)


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ



■ロマン・ポランスキー監督お薦め作品
戦場のピアニストローズマリーの赤ちゃんチャイナタウン 製作25周年記念版
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。