-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ノロイ」
2006年 02月 20日 (月) 21:15 | 編集
ノロイ プレミアム・エディション ノロイ プレミアム・エディション

「ノロイ」 ★★★

(2005年日本)
監督:白石晃士
キャスト:松本まりか、アンガールズ、荒俣宏、飯島愛、高樹マリア、ダンカン
   ⇒ 公式サイト
   ⇒ ノロイ@映画生活

ネタバレ有り
映画の情報ゼロの知り合いに見せてニヤニヤしよう!な一篇。

まさに和製ブレアウィッチ・プロジェクト。
ドキュメンタリーティストで恐怖を演出するというアイデアではオリジナルというわけにはいかないが、ブレアウィッチよりは怖いし映画を取り巻く概観から作り込まれた世界観は面白い。
この作品を楽しむには繋ぎ合わせた取材フィルムで作り上げられた見事なまでのヤラセ、徹底したフェイクに敢えて騙されてみることだろう。所謂よくある心霊スポット検証番組等にカナリ似ているが、後を引く気持ち悪さはその比ではない。
手ブレし過ぎの画面といいこの作品の演出全体がブレアウィッチの二番煎じな印象は拭えないが、正体不明の事件の謎解きホラーに浸りたい、怖がりたいという観客の欲望はある程度満足させてくれる。謎の核心にもかなり肉薄する為それ程消化不良感は残らない、よって最近のホラー作品の中では出来は悪くないと言えるのではないか。
でも個人的には「かぐたば」の怖さの演出がダメダメ、だって見た目はもののけ姫に出てたアレじゃねーかよぉ、怖くないんだよ全然。ラストの自宅炎上シーンなんて、お前んちにはいつもカメラマンいるのか( ゚Д゚)ゴルァな突っ込みをついつい入れたくなってしまうわけでw。
因みに管理人の姉(30目前独身)がこれを観た感想は「行け行け川口浩」。

というわけで、映画情報ゼロの知人に
「この小林雅文って失踪したままなんだぜ、サイト見てみろよ~」とか、
「やっぱ実話は怖いよね~」と煽って喜びましょう。

とにかく
カメラ持って走るな、酔うわ!  以上。


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ



■関連記事TB送信ブログ様(TB返し除き):ネタバレ映画館しーの映画たわごと(順不同敬称略)

ノロイ―小林雅文の取材ノート ノロイ―小林雅文の取材ノート

ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版

水曜スペシャル 川口浩 探検シリーズ ~地底探検・洞穴編~ DVD-BOX (通常版) 水曜スペシャル 川口浩 探検シリーズ ~地底探検・洞穴編~ DVD-BOX (通常版) (爆
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。