-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォルター・サレス
2005年 11月 29日 (火) 23:18 | 編集
ウォルター・サレス(ヴァルテル・サレス)Walter Salles

■フィルモグラフィなど
   ⇒ allcinema ONLINEの項目を見る
   ⇒ Wikipediaの項目を見る

■簡単な紹介
ブラジル出身の監督。
「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」等の優れたロードムービーを手がけ、最近では邦画のリメイク「ダークウォーター」のメガホンを取る。
南米の監督らしく、ハリウッド作品にはない泥臭さと独特のリアリズム表現が秀逸、映像の美しさも出色である。
「セントラル・ステーション」でベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

■監督作品感想LINK
モーターサイクル・ダイアリーズ ★★★★☆
ビハインド・ザ・サン ★★★★
シティ・オブ・ゴッド(製作) ★★★★
セントラル・ステーション ★★★★

■お薦め度 ★★★★
アメリカ映画にはないリアリズム表現と映像美が素晴らしい。
「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」はまさにロード・ムービーの傑作である。一度は観ておきたい南米の個性であろう。

■ウォルター・サレス監督作品お薦めDVD
モーターサイクル・ダイアリーズ コレクターズ・エディションビハインド・ザ・サンセントラル・ステーション

copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。