-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ドラムライン」
2005年 10月 16日 (日) 08:45 | 編集
ドラムライン ドラムライン

「ドラムライン」 ★★★

DRUMLINE (2002年アメリカ)
監督:チャールズ・ストーン三世
キャスト:ニック・キャノン、ゾーイ・サルダナ、オーランド・ジョーンズ、レナード・ロバーツ、GQ、ジェイソン・ウィーヴァー、アール・C・ポインター
公式サイト

マーチング・バンドに懸ける体育会系青春ドラマって奴ですね。まぁ所謂挫折を乗り越えて夢に邁進するというよくある系のストーリー。
アメリカではこんなにチアリーディングやらマーチングバンドが盛んなんだな、あれだけ動けばそりゃ筋トレ必須だよ、とか何で黒人率9割なんだろ、とか、楽譜読めないなんて普通バレんだろ?、コーンロウ勿体ねー、とか色々突っ込みつつ楽しく鑑賞(爆。
とにかくクライマックスはそんな薄っぺらなストーリーを払拭する圧巻なドラムバトルにある。音マックスにしてホームシアターで観たけど劇場で観るべき作品だったと後悔した、マスゲームとかブラスバンド系が好きなら更に乗れる作品であるとは思う。
ただ問題はバトルの優劣の尺度がイマイチ判り難いことだろう。最初のバンド対決の方は「バンドらしいバンドの勝利」という様相で判り易かったが、ラストのバトルは個人的にはどっちがどう上手いのかサッパリ、主人公の笑顔で勝敗が何となく判るという微妙さはどうなんだろうかw。まぁ迫力があったのでバトルの演奏には文句ないが色んな意味で細部は物凄く荒い映画だと思う。
ニック・キャノンがなかなかカコイイ、いやしかし総てはEW&Fが基本なわけだね(ワラw

 ドラムライン@映画生活
 ランキング参加中です、記事に賛同頂けたらClick宜しく!
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。