-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スキャナーズ」
2005年 08月 29日 (月) 18:50 | 編集
スキャナーズ DVD-BOX デジタルニューマスター版 スキャナーズ DVD-BOX デジタルニューマスター版

「スキャナーズ」 ★★★☆

SCANNERS (1981年カナダ)
監督・脚本:デヴィッド・クローネンバーグ
キャスト:スティーヴン・ラック、ジェニファー・オニール、マイケル・アイアンサイド、パトリック・マクグーハン、ローレンス・デイン、ロバート・シルヴァーマン、チャック・シャマタ、アダム・ルドウィッグ

2年前位に鑑賞したクローネンバーグ初期作品。
スキャナーという特殊能力を持った者達を巡る陰謀を伏線にスキャナーズの謎に迫るSF物だが、これも「デッドゾーン」と同じく超能力を持ってしまった者の孤独と苦悩を描く作品でもある。
ま、一番の見所というとインパクト勝負の頭ドッカーンな破裂シーンということになってしまうのであろうが、薬害を扱っている点やラストまで引っ張るサスペンス的展開などもなかなか面白い。また血管ムクムク鼻血タラー&頭膨張等の視覚的なグロさの演出や気持ち悪い音の使い方などはやはり上手いし印象的。
ただ最終的には兄弟対決というショボい終わり方で、全体に小さくまとまってしまった辺りに若干肩透かしを喰らったような記憶がある。
ラストのスキャンの応酬でもう一度頭バーン!を期待したのは俺だけではないと思うが、一度は観ておきたい作品(爆。

 スキャナーズ@映画生活
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。