-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「16歳の合衆国」
2005年 08月 29日 (月) 13:49 | 編集
 16歳の合衆国

「16歳の合衆国」 ★★★☆

THE UNITED STATES OF LELAND(2002アメリカ)
監督:マシュー・ライアン・ホーグ
キャスト:ライアン・ゴズリング、ドン・チードル、クリス・クライン、ジェナ・マローン、レナ・オリン、ケヴィン・スペイシー、ミシェル・ウィリアムズ、マーティン・ドノヴァン、アン・マグナソン、ケリー・ワシントン、シェリリン・フェン、マット・マロイ 
公式サイト

衝動的に殺人を犯した少年。彼が犯行を犯すに到った心の軌跡をカウンセラーへの独白によって辿る。
本作は然したる動機無き少年犯罪を扱う「エレファント」のその後的な話でもあり、凶悪な犯罪に手を染めた少年の動機を紐解くストーリーなのだが、そこに彼の心の闇を自分の執筆のネタにしようとした男の誤謬や周囲の人間達が抱える苦悩といったサイドストーリーが交錯するという少々複雑な構成となっている。

すべての人間は問題や苦悩を抱える、しかし何故その一部の人間が重篤な犯行に到るのか、それを必死に模索しようとしているという点で、この作品は非常に意義があると思うし好感が持てる。少年を取り巻く人間(被害者や少年の家族、カウンセラー)其々の葛藤や苦悩部分にかなりの時間を割き、「動機」の謎を最後まで引っ張る構成にしているのは、結局は答えそのものよりもその「何故?」に到るまでの過程や理由を鑑賞者がどう受け取るか、我々は何を考えるべきなのか、それを最大のテーマとしているからだろう。
センチメンタルな音楽や丁寧な犯人の心理描写が犯行への理解や犯罪の正当化に走ってしまいそうな危険を孕みつつ、この作品の帰結には傲慢さや強引さはない。
この少年のような人一倍哀しみを感じてしまう人間の不幸とその動機に対しての賛否は当然あるに違いない。また結局明快な答えを出さない映画の方向性に対して逃げのアプローチではないかという批判もあろう。だが、はっきりした理由が見つけられないからこそ問題は甚大であるということもまたこの作品の訴える重要なポイントになっていることも決して忘れてはならないと思う。(どうせなら全く理由不明のままでも良かったかな、このストーリーと展開なら。)

ケヴィン・スペイシーが脚本に賛同して製作を後押しした作品だそうである。多くの人間にスポットを当てたが為に作品の全体の印象は少し散漫だ。しかし「何故?」と投げかけられた問いかけの姿勢は非常に真摯で重い。何ともインパクトには欠ける作風であるが安直な帰結に依存しないこの姿勢を評価したいと思う。
原題は"THE UNITED STATES OF LELAND"、しかしこの「17歳のカルテ」っぽい邦題もいい加減に止めて欲しいものだがw。
(2005年5月鑑賞)

 16歳の合衆国@映画生活

■関連記事TB送信ブログ様(TB返し除く):毎日が映画日和雑記のーと Ver.2(順不同敬称略)
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。