-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Shall we Dance?」
2005年 08月 29日 (月) 11:51 | 編集
 Shall We Dance?

「Shall we Dance?」 ★★★

(2004年アメリカ)
監督:ピーター・チェルソム
原作:周防正行
キャスト:リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、ボビー・カナヴェイル、ボビー・カナヴェイル、リサ・アン・ウォルター、オマー・ミラー、アニタ・ジレット、リチャード・ジェンキンス
公式サイト

言わずと知れた周防正行監督の「Shall We ダンス?」のリメイク。
結構前に観た映画だし、感想書くのもやめようかと思ったんだけど一応。(しかも一発目は寝た。
で、やっぱり設定はショボくないとダメだろ、主人公がギアというだけでまぁ違う方向に行きそうなことはわかってはいたが、もう弁護士な時点でダメじゃんか・・・・。
オリジナルを観ていると役所さんやダンス教室の持つあの何とも言えないショボさと胡散臭さ(失言)がやっぱりこの作品の命綱だったと思う。
まぁこれを最初に観た人にはオリジナルへの思い入れもなくあっさりあの明るさやテンポの良さを堪能できるだろうとは思う。オリジナルに結構忠実に作られているのも好感は持てる。草刈民代のストイックな凛とした美しさや竹中直人のぶっちぎりなオモロさはないがダンスシーンは迫力あったしねw。
俺は別に日本版の「Shall We ダンス?」支持者ではないが、やはりあのナイーブな心の機微の描写は圧倒的にこの華麗なリメイク版よりも優れていると思うし、日本映画でしか表せないものだったと痛感した次第。

勿論全然悪くないしむしろ意外に良かった作品ではあったがw

 Shall we ダンス?@映画生活

■オリジナル「Shall We ダンス?」
 Shall We ダンス? (初回限定版)
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。