-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ありがとう」
2005年 08月 27日 (土) 08:53 | 編集
ありがとう 上 (1) ありがとう 上 (1)

「ありがとう」 ★

(1996年日本)
監督:小田切正明
キャスト:奥田瑛二、内藤剛志、村上淳、夏生ゆうな、早勢美里
原作:山本直樹
   ⇒ Goo 作品・あらすじ紹介

テーマは家族の崩壊と再生だが、扇情的なシーンだけが上滑りしている感じ。

単身赴任から我が家に戻った父親が、レイプ事件でボロボロになった家族の再生に孤軍奮闘するという実にシニカルな家族物。ビッグコミックに連載された山本直樹の同名コミックの実写映画化作品である。

原作に比較してはいけないのかもしれないが全くダルい映画に仕上がっちゃったもんだ。コミックの方は掃溜めみたいな人間の性(さが)がちゃんと描かれて、醜悪さの中にも「アメリカン・ビューティ」のようなシュールな悲哀があったと思うのだが。
映画ではどのシーンも薄っぺらで説得力がない。原作のテーマ性は消え失せて安いAVみたいな雰囲気、脚本から何からもっとちゃんと作れよと心から言いたくなる作品だ。役者は決して悪くないし、山本直樹のコミックスは衝撃的で面白かったんだけどなぁ。残念。

この時の村上淳に激似って言われるのは喜んでいいのかな・・・


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ



■記事内紹介作品
アメリカン・ビューティー アメリカン・ビューティー
copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。