-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「デス・フロント」
2005年 08月 26日 (金) 21:47 | 編集
 デス・フロント

「デス・フロント」 ★★☆

DEATHWATCH(2002年英)
監督:マイケル・J・バセット
キャスト:ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス、ヒュー・オコナー、ヒューゴ・スピアー、マシュー・リス

舞台を第一次大戦のドイツ軍塹壕という空間に設えて、奇妙な現象に翻弄される英国軍兵士達の姿を描く。
低予算キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!

主演が「リトルダンサー」のジェイミー・ベルだというのに何とこれは戦争ホラー映画だ。言っておくが「リトル・ダンサー」に思い入れがあってジェイミー・ベル目当てで安易に観るというのはやめた方がいい。

ドイツ軍だけでなく味方への疑心暗鬼や見えない恐怖とも戦うという、まさに最悪な状況設定でストーリーは展開する。塹壕という閉塞された極限状態の空間で追い詰められていく集団心理描写はなかなかCUBEチックで上手いし、戦場で敵が人間だけじゃないなんて想像するだけでも確かにぞっとする。

ただ後半で部隊が塹壕に留まる理由は全く麩に落ちないし、もしかしたらオバケ話がなくても戦場の狂気というテーマでこの映画は十分話として成立するのではないかと思うがどうだろうか?
また映像的な部分では全員常時泥だらけお前一体誰だよ?なのが非常に厳しい。で、意外と残酷スプラッタシーンも続出してホラー王道な部分も随所に窺えたりする、ほんと変な切り口の映画だ。

生死を賭けた戦場でオバケに会いたい、そんな一風変わったホラー映画を観たい人は是非どうぞ。


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ




■「リトル・ダンサー」

copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。