-何の参考にもならない映画評-
The Door into Summer
 Title Index : all           A-Z・数字 監督別 

 ★評価別Index : ★★★★★ ★★★★ ★★★☆ ★★★ ★★☆ ★~★★ 


スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「くりいむレモン」
2005年 08月 26日 (金) 12:16 | 編集
 くりいむレモン スペシャル・エディション

「くりいむレモン」 ★★

(2004年日本)
監督:山下敦弘
キャスト:村石千春、水橋研二、根岸季衣、大鷹明良
公式サイト

「ばかのハコ舟」がレンタルできず、同じ山下作品のコレにしたのがそもそもの間違い、ロリコンの近親相姦ヲタモノだった(汗。
原作は80年代のエロアニメらしいが、ロリータな趣味の有無に関らず物凄く微妙な映画だと思う。

まぁ山下監督一流の「間」とかリアルな会話等は健在ではあるが、ドラマ性無しメッセージ性無しのロリコン消化不良映画で終始。本作に関しては例の長回しが物凄く退屈であまり意味を感じなかったし、「切なく甘酸っぱい青春物語」と言う割にはそういう要素を感じ取れない中途半端な印象。

まず展開からして最初からヤル気満々な兄ちゃんと思わせぶりな妹だと先が読め過ぎという気もする。きっかけがあるわけでもなく行為に到っちゃうまでの過程にも格別惹き付けられるエピソードがなく、下手すると「見えないお預けAV」を観ている様な感覚に陥るのが痛い。一線を越えた近親相姦ロリータを散々苦悩する鬱屈くらいもっと見せてくれれば少しは痛い系で盛り上がるのにw。
因みに肝心のHシーンは全然見えない、駄目過ぎて早送りしたくなった位見えない。これだけ見せないのは反って不自然だと思うけどね、むしろ。結局水橋研二の妙にオヤジ臭い裸&尻だけが印象的な映画っていうのも何だかなぁ。(裸で出迎えるなよOTL)

こういう題材を映画化するのであればある程度問題提起する部分がないと作品として成立するのはやはり難しいと思う。
というかこれそっち系ヲタ専用のDVDなのかな(滝汗


人気Blogランキング 映画ランキング エンタメ@BlogRanking
ブログランキングネット HPランキング bloog.jpランキング ブログコミュニティくつろぐ
記事が気に入って頂けましたらClickお願いします!好みのブログ検索にもどうぞ


copyright (C) The Door into Summer all rights reserved.
designed by polepole..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。